ニキビ跡の色素沈着にいい薬

MENU

ニキビ跡の色素沈着で悩んでいる方は多いです。
私もずっとコンプレックスに感じていて、化粧が落ちてくるたびヒヤヒヤしていました。
ようやく自分でも納得できる効果があった飲み薬を見つけれたので、
もし悩んでいるなら参考にしてください。

 

ニキビ跡の色素沈着にいい薬はコレ!

ニキビ跡の色素沈着にいい薬探してるなら参考にどうぞ

 

ニキビ跡の色素沈着は、放っておくとシミになっていきます。
なので早めに対策をすることが大切です。

シミになりたくない

ちなみに病院で処方される薬として、美白剤であるハイドロキノンや
抗酸化作用のあるビタミンCなどが、ほとんどだと思います。

 

特にハイドロキノンは、茶色になるニキビ跡の色素沈着に
効果があるとされていますが、濃度が濃いと副作用として、
赤みやかぶれ、白斑になってしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

ハイドロキノンと同様に有名な、美白成分としてL-システインがあります。

 

L−システインは、皮膚や髪に多く存在していて、体の代謝を高めてくれる
アミノ酸の1種になります。

 

もともとが、アミノ酸なので副作用の心配がなく、
しかもターンオーバーを促す作用があるので、即効性が高い成分です。

 

つまり、ニキビ跡の色素沈着を薬で治したいなら、
副作用が怖いハイドロキノンよりも、副作用もなく即効性が高い
L-システインがおすすめということです。

 

ちなみに、ニキビ跡の色素沈着を薬で治したい場合、
塗り薬よりも、飲み薬の方がおすすめです!

 

 

知ってますか?

 

 

皮膚疾患で皮膚科に行くと、最初に塗り薬を処方されます。
その後、効果が無い場合に、飲み薬が処方されるんです。

 

人間は肌から吸収出来るのは、ごくわずかです。
なので、飲み薬の方が効果が高いということです。

 

ただ、通常の薬の場合、強いものほど副作用の恐れがあるので、
最初は弱いものから処方するんですね。

 

少し、話しはそれましたが、ニキビ跡の色素沈着は飲み薬を選びましょう!
それで、副作用の恐れが少ないL-システインが入っているものがベストです。

 

そんなL−システイン配合の飲み薬でおすすめなのが、
【キミエホワイト】です。
キミエホワイトです

 

公式サイトは↓

 

http://kimie-white.com/

 

キミエホワイトがおすすめな理由

 

・L-システインを承認基準の最大量240mgを配合

 

国で定められた基準値の最大量が配合されています。

 

・テレビCMや新聞広告にも掲載されている

 

キチンとした薬じゃないとCMは出来ないので、信頼感があります。

 

・初めての方限定で、半額以下で買える

 

初回限定の価格ですが、半額以下で買えるのは嬉しいですよね。

 

・わたしも使っている^^

 

実際にわたしが使って良かったので、おすすめしてます。

 

私の体験談を見たい方は、ここをクリック

 

このように、ニキビ跡の色素沈着に薬を探しているなら
キミエホワイトを強くおすすめします。

 

値段も安いので、1度お試ししてみて下さい。

 

 

公式サイトは↓

 

http://kimie-white.com/

 

 

 

ニキビ跡の色素沈着についてまとめました。

目次 []

 

ニキビ跡の色素沈着の期間ってどれくらい?

ニキビ跡の色素沈着の期間ってどのくらいなのでしょうか?
自然と治る可能性もあるのでしょうか?調べてみました。

 

まず、ニキビ跡の色素沈着の期間ですが、色素沈着していても、
ターンオーバーが上手くいっている場合は、
約半年から1年の期間で綺麗になると言われています。

 

ニキビ跡が色素沈着している時は、血管がダメージを受けているので、
ターンオーバーが上手くいっている期間が長く必要になります。

 

なので、実際には、薬、サプリ、ピーリング、ハイドロキノンなどの
治療を何もしないで、薄く綺麗になるのは、ほぼ不可能です。。

 

逆にいうと、今はいろいろな治療方法があるので、
自分に合った方法さえみつかれば、
ニキビ跡の色素沈着の期間はぐっと短くなります。

 

私も以前は長い期間悩んだすえレーザー治療の手術をしたら、
かなり綺麗になりました。

 

また、キミエホワイトという飲み薬と出会って、
手術しなかった部分のニキビ跡の色素沈着が薄くなって、
綺麗になったりしました。

 

放置したままだと、
無駄にニキビ跡の色素沈着の期間が長くなるだけなので、
まずは、薬、サプリ、ピーリング、ハイドロキノンなど
いろいろ試してみることが大切です。

 

私の体験談を見たい方は、ここをクリック

 

ニキビ跡の色素沈着をレーザー治療で消す!費用や期間は?

ニキビ跡の色素沈着をレーザー治療で消した場合、
費用や期間は一体どれくらいなんでしょうか?

 

疑問に思う女性

 

私もレーザーで消した経験があるので、体験談含めご紹介します。

 

まず、ニキビ跡の色素沈着をレーザー治療で消す場合の費用ですが、
レーザーの種類や、病院によってかなり差があります。

 

レーザー治療の費用の例

■フォトRF・・・1〜2万円
■フラクショナルCO2・・・2〜8万円
■フラクセル2・・・8〜15万円

 

となっています。

 

ちなみに私はラッキーなことに近くに
腕が良くて安い病院があり、
約8,000円でできました。

 

上の費用はあくまでも参考例なので、
近くの安くて評判が良い病院を探すことは大切です。

 

次にニキビ跡の色素沈着をレーザー治療で消した後のケアですが、
これは少し面倒でした。

 

ニキビ跡の色素沈着の手術の後からガーゼで覆って、
張り替えの期間が決まっているので、
それに合わせて張り替えていきます。

 

消毒なども丁寧にしないといけないので、
思っていたよりも大変でした。

 

ただ、このケアをしっかりと行わないと、
せっかくレーザー治療で消えたニキビ跡の色素沈着が、
傷っぽく残ってしまう可能性もあります。

 

私もニキビ跡の色素沈着が、
どんどん綺麗な状態に戻っていくのを
楽しみつつ頑張りました。

 

以上がニキビ跡の色素沈着を
レーザー治療で消す時の費用や期間になります。

 

個人的には今は薬を飲んだり、軽いケアをするだけで、
肌も綺麗な状態なままです。

 

ニキビ跡の色素沈着の手術をやって、
本当に良かったと思っています。

 

ニキビ跡の色素沈着にハイドロキノンは効果あり?

ニキビ跡の色素沈着にハイドロキノンは効果があるのでしょうか?

 

疑問に思う女性

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われる程ですが、
実際の効果や、注意点などを調べました。

 

ハイドロキノンについていろいろ調べたところ、
実際にニキビ跡の色素沈着が薄くなった、
ほとんど見えなくなったなど、効果を感じている人が多かったです。

 

ただし、効果があった人の多くは、美容皮膚科で処方された、
濃度の高いハイドロキノンをニキビ跡の色素沈着に使用した場合でした。

 

ハイドロキノンが配合された化粧品を使用するだけでは、
全然効果を感じれなかった人がほとんどのようでした。

 

また、注意点としては、
現在は新しいにきびができないことが条件となっています。
新しいものができている段階では、
色素沈着が悪化してしまう可能性が高いです。

 

これはハイドロキノンが炎症を悪化させてしまうからです。
しっかりとニキビを治してから使用する必要があります。

 

さらに、ハイドロキノンは熱や光に弱い点も注意が必要です。
不安定な成分なので、別の成分に変化してしまい、
ハイドロキノンの効果がなくなってしまいます。

 

私の場合は、ニキビ跡の色素沈着にハイドロキノンは使いませんでした。
まだニキビの状態が不安定だったのと、注意点が多かったのが理由です。

 

いろいろと探した結果、私のニキビ跡の色素沈着を、
一番薄くしてくれたのは、「キミエホワイトプラス」でした。

 

私の体験談を見たい方は、ここをクリック

 

人それぞれ肌やニキビ跡の色素沈着は違うので、
自分に合ったものを探すのが一番ですね。

 

キミエホワイトプラスは、一度試してみる価値のある商品です。
しかも今なら、初回半額以下のキャンペーン中です。

 

キミエホワイトプラスの公式サイトはこちら↓

 

http://kimie-white.com/

 

ニキビ跡の色素沈着はピーリングで治る?

ニキビ跡の色素沈着はピーリングで治すことができるのでしょうか?
ピーリングは古い角質を剥がすので、効果がありそうですが、
実際どうなのか調べてみました。

 

ピーリングをする女性

 

いろいろと調査したのですが、
ピーリングは薬剤を使うタイプと、
レーザー治療など物理的な力を使うタイプがあって、
両方共ニキビ跡の色素沈着に効果があります。

 

ただし、効果があるのですが、
自分の肌の状態に合わせたピーリングを行わないと、
逆に肌の負担になってしまう場合があります。

 

ピーリングがニキビ跡の色素沈着に良いといっても、
あまりに多くの角質を剥がしてしまったり、
ピーリング自体の刺激が強すぎたりするとよくないです。

 

ニキビ跡の色素沈着を薄くするどころか、
新しいニキビができてしまう可能性もあるので注意したいところですね。

 

ピーリングの種類ですが、クリニックで行う方法と、
自宅で行う方法があります。

 

クリニックでは一回約5000円からで、
8回程度の施術が必要になります。期間は約1年程度となっています。

 

自宅の場合は、ピーリング石鹸もしくは、
ピーリングジェルを使用するパターンが多いです。

 

また最近では美顔器を利用する人もいて、
クリニック程ニキビ跡の色素沈着に効果はありませんが、
自分のタイミングで行うことができるのがメリットになっています。

 

ニキビ跡の色素沈着をピーリングで薄くするなら、
自分の肌の状態と、予算、忙しさなどを考慮して選ぶことが大切ですね。

 

ニキビ跡の色素沈着は皮膚科でどういった治療法がある?

ニキビ跡の色素沈着は皮膚科では、
どんな治療がされるのでしょうか?調べました。

 

医者

 

まず、ニキビ跡の色素沈着は皮膚科を受診した場合、
薬(外用薬、内服薬)だけで治す場合と、
ピーリングやレーザー治療も行って治す場合に分かれます。

 

ミミズ腫れのようになった場合や、クレーターの時は、
ほぼピーリングやレーザー治療を行わないといけませんが、
ニキビ跡の色素沈着の場合はまだ薬だけで治る可能性があるということです。

 

皮膚科でニキビ跡の色素沈着に処方される主な薬としては、

■局所用抗ニキビ製剤
■美白剤
■ビタミン剤

 

などがあげられます。

 

症状を見て皮膚科の医者が判断してくれるのですが、
それぞれの薬には副作用もあるので注意が必要です。

 

また、ニキビ跡の色素沈着で皮膚科に行く際の一番の注意点は、
途中で薬がなくなって、通わなくなる可能性が高いことです。

 

せっかく治ってきた時に忙しくて、
皮膚科に通えないというのはよくある話です。

 

そんな期間のためにも自宅でできる、
自分にあった薬(キミエホワイトプラスなど)やサプリを見つけておき、
併用して使うと良いです。

 

皮膚科に通えない時に悪化するのを防げますし、
治った後のケアにも使用できますね。

 

ニキビ跡の色素沈着の化粧品の選び方は?

ニキビ跡の色素沈着の化粧品(化粧水・美容液)を選ぶ時は
どういった点に注意すれば良いのでしょうか?

 

ニキビ跡の色素沈着がシミになってしまうと消すのに
時間や手間がかかってしまうので、
できるだけうまく化粧品(化粧水・美容液)をセレクトして、
ニキビ跡が悪化しないようにしたいですね。

 

ニキビ跡をシミにしない(悪化させない)ために
重要なポイントは、主に三つです。

 

ニキビ跡の色素沈着はメラニン色素が原因になっているので、
まずはそのメラニンに働きかけてくれる化粧品、
次にメラニンの排除を手伝ってくれ、早くしてくれる化粧品。

 

最後はメラニンが増加する原因の紫外線から
肌を守ってくれる化粧品になります。

 

以上の3点は最も基本的なことですが、
化粧品を選ぶ時にはかなり重要なポイントとなっているので、
しっかり意識したいですね。

 

ニキビ跡の色素沈着は基本的に薄くなっていくのに、
時間がかかってしまいます。

 

改善する、悪化させない化粧品というのは、
ニキビ跡とおさらばする第1歩なので、
自分に合う化粧品が見つかるまで根気よく探したいですね。

 

ニキビ跡の色素沈着に市販薬で効果があるのは?

ニキビ跡の色素沈着に市販薬で効果が高いものはあるのでしょうか?

 

今は市販薬ではなく、ネット通販されている
ニキビ跡の色素沈着に効果的な飲み薬や塗り薬が主流
となっていますが、
薬局やドラッグストアなどで購入できると、お手軽でよいですね。

 

市販されているなかで、
ニキビ跡の色素沈着が薄くなるような薬があるのか調べてみました。

 

まず基本的に口コミや体験談などを調べていても、
ネットで購入したものの評判の方が良いです。

 

また私も実際に一番効果があったのは、
キミエホワイトプラスという商品で市販されていません。

 

もしまだニキビ跡の色素沈着がそこまで酷くなく、
気軽に使ってみたい場合は、市販薬を選択するのもありだと思います。

 

ニキビ跡の色素沈着に市販薬でおすすめなもの

■チョコラBBルーセントC(飲み薬)
チョコラBBルーセントC
有効成分としてビタミンCやLシステイン、ビタミンE、ビタミンB2が配合されています。市販薬の中では一番有名だと思います。主に期待できる効果としては、しみ、そばかすと合わせて、ニキビ跡の色素沈着の緩和があります。

 

ビタミンCとLシステインの組み合わせは、メラニンを抑制するのに有効です。

 

 

■ハイチオールC ホワイティア(飲み薬)
ハイチオールC ホワイティア
こちらもチョコラBBルーセントCと同様にビタミンCとLシステインが配合されています。ニキビ跡の色素沈着、赤みやシミなどの改善が期待できます。
ただし、ビタミンEが配合されていないのが、残念です。

 

■アットノン(塗り薬)
皮膚の新陳代謝を高めてくれる効果のあるヘパリン類似物質を配合しているのが、特徴です。背中やお尻などにあるニキビ跡の色素沈着、赤みやシミに有効です。
ただし残念なのは、顔に使用できないことです。

 

ニキビ跡の色素沈着が少し気になるけど、
レーザー治療や、ピーリングはまだ早い、価格も抑えた市販薬を試してみたい、
という方は一度購入してみてもよいと思います。

 

以上、ニキビ跡の色素沈着に市販薬で効果があるものについてでした。

 

ニキビ跡の色素沈着にオロナインは効果あり?

ニキビ跡の色素沈着にオロナインがよいという話を聞いたことがあります。
実際はどうなのか調べてみました。

 

オロナイン

 

結論から言ってしまうと、

残念ながらニキビ跡の色素沈着にオロナインをつけても薄くはならないようです。。

 

オロナインはそもそも傷を治す薬です。
ニキビ跡の色素沈着というのは傷ではないので、
そう考えるとオロナインの効果がないのも納得できますね。

 

ただ唯一、オロナインの効果の可能性があるのが、
ニキビ跡が赤い状態の時です。(色素沈着する前ですね)

 

この時は肌が非常に乾燥している状態なので、
オロナインをつけることによって、油分が増え、
悪化するのを防いでくれるようです。

 

総合的に考えると、
ニキビ跡の色素沈着にオロナインを塗るのはオススメできないです。

 

ニキビ跡の色素沈着専用の化粧水や美容液、薬などで、
保湿やターンオーバーの促進を行った方が全然いいですね。

 

ニキビ跡の色素沈着を消す薬はある?

ニキビ跡の色素沈着を消す薬というのはあるのでしょうか?
そんな夢のような薬があればよいですよね。

 

ニキビ跡の色素沈着を消す薬について
いろいろ調べましたが、
予想通り存在しないようです。。

 

ただ、ニキビ跡の色素沈着を消すのを
手伝う薬というのは、
私の愛用するキミエホワイトなど、
いくつか販売されています。

 

また、そういった薬の効果を
感じている人も多いです。

 

薬に頼らずに消すとなると、
ターンオーバーが正常に行われる状態を
長く自然に続ける必要があります。

 

飲み物、食べ物はもちろん、
睡眠時間やストレスなど、
気を付けるべきことがたくさんあります。

 

忙しい毎日の中で、
ニキビ跡の色素沈着を消すことだけに
集中するのも難しい
です。

 

ひどくなる前に
ニキビ跡の色素沈着を消すのを手伝う薬を
使用した方が良いですね。